オリジナル紙袋・オリジナル手提げ袋の専門店 Kumabukrow-くま袋-

高品質なオリジナル紙袋・手提げ袋なら Kumabukrow-くま袋- 名入れ印刷OK。100枚以下の小ロット対応。小さい紙袋、大きな紙袋 から ショップバッグ、ワインラッピング、同人誌紙袋 までお任せ。無料サンプルプレゼント

ログイン新規会員登録(無料)


ようこそ ゲスト さん

くま袋電話番号

啓文社の歴史

1961年 10月、私たち啓文社の物語(ストーリー)がはじまりました。 時は昭和30年代半ば。坂本九「上を向いて歩こう」や植木等「スーダラ節」がラジオから流れ、東京五輪を数年後に控えていた、ニッポン経済が飛躍的に成長を遂げていたころのことです。
県庁職員だった父が畑違いの印刷業界に飛び込み、家族・従業員と共に一生懸命作り上げた草創期を経て、昭和から平成、アナログ製版の活版印刷からDTP導入…。時代の変遷を遂げながら、二代目社長として私は「One Action Level Up」、一つひとつ目の前の仕事と真面目に向き合い、また新しい事へのチャレンジを常に続けてきました。
現在は総勢25名の社員と共に、企画から納品まで一貫したシステムを構築。印刷から出版業、障害者の方々の就労支援事業と仕事の領域を広げながら、第二工場設立、ECサイト「紙袋・手提げ袋ドットネット」オープン…今や販路は熊本から全国へと広がっています。
そして、自社工場と中国の提携工場で展開する『くま袋』ブランドが2015年5月よりスタート。2度目の東京五輪を5年後に迎えた今、気持ちも新たに社員一同「100年企業」に向け頑張っていきます。

株式会社 啓文社  代表取締役 徳永 昌二

全日本印刷工業組合連合会の環境推進工場登録制度において、
弊社工場が「環境推進工場」に登録されました。
この制度は環境対応が一定レベルに達した企業に「環境推進工場登録証」を発行し、環境活動を支援するものです。

印刷産業界における各企業の環境問題に対する取組みを促進するとともに、印刷工場の環境改善及び印刷企業に対する社会の一層の支持・理解を獲得することを目的に、印刷産業環境優良工場の表彰をする制度です。

中小印刷業が取り組むCSR(企業の社会的責任)への取り組みを「コンプライアンス」「環境」「情報セキュリティ」「品質」「雇用・労働安全」「財務・業績」「社会貢献・地域指向」「情報開示・コミュニケーション」という8つの分野に絞り、策定されたチェックリストに基づいてその達成度を認定されたものです。

一般印刷、紙袋のことなら啓文社にお任せ下さい

社  名
株式会社 啓文社

代表者名
徳永 昌二

所在地
本  社 〒861-3102 熊本県上益城郡嘉島町下六嘉1765
第二工場兼倉庫 〒862-0965 熊本県熊本市南区田井島2丁目7−1

連絡先
本  社 TEL:096-368-8100 FAX:096-369-2677

設  立
1961年 10月

資本金
1000万

従業員
男性26 名 女性12 名 計38 名

業  種
印刷業・製本業・出版業・紙袋 手提げ袋製造

  • 本社 〒861-3102 熊本県上益城郡嘉島町下六嘉1765

  • 第二工場兼倉庫 〒862-0965 熊本県熊本市南区田井島2丁目7−1

熊本県熊本市嘉島にある啓文社の外観風景
昭和36年10月
熊本市南町にて啓文社印刷所設立
昭和41年 3月
熊本市栄町に移転
昭和47年 2月
熊本市東野4丁目1番地3号に新築移転
昭和49年 4月
有限会社 啓文社印刷に改組
平成 7年11月
株式会社 啓文社に組織変更
平成11年 9月
熊本県上益城郡嘉島町下六嘉1765に新築移転
平成22年 2月
熊本市島崎に第二工場開設
平成22年 3月
ECサイト「紙袋・手提げ袋ドットネット」オープン
平成22年 4月
熊本県上益城郡嘉島町に在庫お預かり専用倉庫を開設
平成27年 5月
「紙袋・手提げ袋ドットネット」から「くま袋」に名称変更
平成27年 9月
全日本印刷工業組合連合会 CSR認定制度 ワンスター認定
平成28年 6月
熊本地震被災(4月)により、島崎第二工場閉鎖。嘉島倉庫を第二工場として移転
平成28年 9月
日本印刷産業連合会 第15回環境優良工場「特別賞」受賞
平成28年 10月
全日本印刷工業組合連合会「環境推進工場」登録
平成29年 12月
嘉島第二工場を田井島に移転

現在に至る