バランスが大事。


全国のくま袋ファンの皆様、こんにちわ!

くま袋社員のまこ丸です。

大型連休前のくま袋工場では、全国からご注文頂いてますオリジナル手提げ袋で、日々忙しくさせて頂いております。

感謝です!

そんな中、いかに効率よく生産性を上げ、高品質な商品を一日でも早くファンの皆様のお手元へお届けすることが重要です。

そのポイントとなるのが、印刷後の乾くまでの時間を短縮できるかです。

要は、速乾印刷の追求です。

通常、印刷ホヤホヤは、まだ紙の表面がインクでベタベタしており、下手に動かすと紙と紙がこすれ汚れます。当然、次の工程にも移れません。

ですので、いかに早く乾かすことができるかが効率アップ、納期短縮の鍵なんです。

その方法が、水を減らすこと。業界では、“水を絞る”と言います。

水を減らせば、乾く時間が早くなります。当然ですよね。

と、実はそう簡単なことではありませんっ!

何故かというと、水を減らせば、印刷中、紙がインクで汚れやすくなるのです。印刷がやりづらくなり、オペレータの悩みの種となります。

イメージとしては、インクだけだと紙の表面にスムーズにインクが載らない感じです。そこに水を加えとることでインクが柔らかくなり、扱いやすく印刷しやすいという感じです。

だからといって、やり易さを重視して、水を増やせば、当然印刷の乾きが遅くなります。これでは納期に間に合いません。

だから、インクと水のバランスが大切なんですね。

バランスをとって、印刷もやり易く、品質も保ち、なおかつ乾きも早い。これがベストです。

ただ、業界のトレンドは、“ギリギリまで水を絞る”です。

水を極限まで絞って、更なる速乾に努めることが、一流の印刷オペレーターなんです。

まこ丸も、見習います。

“体”を絞ります。

最近では、お客様からも「あれ?太った?」と言われる始末・・・。

夏は海の季節。細マッチョまこ丸をコミットしたいです。

 

 

 


日焼けする季節。変色しはじめが肝心よ!


(⊹^◡^)ノo゚。*こんにちわぁ~*。♡

金ブロ担当まっつんです。

毎日、どんな服装で家を出ようか迷う季節。

日中は汗ばむので脱ぎ着できるコーデを考えなければですね。

ちなみに、今日の熊本の最高気温は28度。(;´Д`) アッチーwa

これだけ日差しが強いと女性にとってはシミ対策も

欠かかせなくなってきます。

日焼け防止も頑張らなければ!!

 

「日焼け」といえば、そう、

紙袋の材料管理にとっても欠かせない重要なキーワードとなります。

日光や紫外線に当たると印刷した紙は、少しの時間であっても

インクが劣化し変色してしまいます。

また、紙袋の必須アイテムの「紐」も同じく日焼けによる変色がありますので、これかの季節の保管に関しては、より細心の注意を払っていかなければですね。

余談ですが…

先週土曜日、某ホテルにてT-BOSS主催のお食事会が開催されました。

ホテルに到着して早々に目に飛び込んできた文字、

『   ㈱啓文社 わっしょい  』

えぇ!?

弊社食事会の名称に思わずフロントで吹き出しながら会場入り。

扉を開けるとなんと、T-BOSSとマコ丸さん自らウエルカムワインをお盆に乗せ、ウエイターの様にスタンバイ!

スタッフみんなに「赤?白?どぉぞ~」と振舞ってくださいました。(*´∀`*)

それから、T-BOSSプレゼンツの感動的動画と現在弊社で取り組む『5Sとは何か』をスクリーン上映。

厳しい叱咤もあり、改めて真面目に考えるスタッフ一同。

その後いよいよ賑やかな宴が始まりました!

スクリーンにはYouTube動画の懐かしMVを流したり、その動画で無理やりカラオケしたりとだんだんお酒も入り、ぐちゃぐちゃになってきた頃、クールな北原店長はというとカウンターバーに避難してました。(^_^;)

終盤、マコ丸さんステージに引っ張られお盆を持たされ、その後の展開はだいたい読めますよねw

しかし、真面目なマコ丸さんはやっぱり脱がない。

 

 

そこで業を煮やしたT-BOSSが華麗なる100%を披露してくれました!!

さすがです★★★

こうして次のステージ向けて夜はふけていったのです…。

おしまい。

 

余談が長くなりましたが

ご注文お待ちしておりマース!!


管理♪


全国のくま袋のファンの皆様、こんにちわ!
くま袋社員のまこ丸です。

ここ数日、朝晩と日中の気温の差が大きく身体の体温調整も大変です。

くま袋工場にも、気温や湿度に敏感なモノが沢山あります。

特に紙やインクは、超敏感。

紙は、カールしたりシワになったり。

インクは、硬くなったり柔くなったり。

また、印刷が濃くでたり薄くなったり・・。

これらの影響を防ごうと、空調設備・加湿器などにより、温度・湿度を一定に保ち管理をしています。

しかしながら、やはりくま袋工場スタッフによる、印刷用紙の保管も印刷するタイミングなど、厳しい管理体制も必要です。

くま袋工場では、安定した品質維持に努めております。

全国のファンの皆様、どうぞご安心ください。沢山のご注文をお待ちしております!


3S始動ヾ(◕x ◕o)=ε3=ε3


こんにちは♪ヾ(◕x ◕o)=ε3=ε3

今日は少しバテ気味の金ブロ担当まっつんです。

暑かったり寒かったりで体調を崩しがちですので

読者の皆様もご自愛くださいませ。

今年も、社内の3S活動がいよいよ始動です!

5チームに分かれ、担当場所の問題点を徹底的に洗い直します。

私はくま店長と同じチームメンバーということで

心強いですね!!

よりよい職場をスタッフみんなで作っていきましょう♫

ではまた来週です!


ほったらかしも大事。


全国のくま袋ファンの皆さま、こんにちわ!

くま社員まこ丸です。

当店では、新年度から沢山のご注文を、全国のファンの皆さまから頂いております。本日も、くま袋工場は印刷物でいっぱいです。感謝です!

そこで本日はくま工場にて、まこ丸担当のくまモン手提げ袋をパシャリ。

ご覧の通り展開した状態で印刷します。この後、製袋機や内職によって袋状にするんですね。

ちなみに、こちらのくまモン手提げ袋の山積みは印刷して2日が経過しています。

印刷を終えてのこの2日間、実はこちらのくまモン袋はここから動くことがありません。

ほったらかしなの?と思ったファンの皆さま。このほったらかしは、すごく重要で意味があるほったらかしなのです。

そうです。 ⇒ インクを乾かしております。

当然ですよね。

半乾きだと次の工程に影響します。要するに汚れるのです。

また乾かす時間ですが、紙質、印刷面積、インクの量そして、季節による気温・湿度によって異なります。

その判断は、くま袋工場のスタッフです。

適切な判断が必要なんです。ただ時間をかければいいのですが、やはり最終的には納期、出荷日に間に合わなければなりません。いかに乾かす時間を適切に確保して、スムーズに次の工程にバトンタッチするのかがポイントとなるのです。

オリジナル手提げ袋が、なぜに期日が必要なのかも、この乾かし期間が必要だからとういうことも分かりますね。

全国のファンの皆さま、品質向上の為にも、早めのご注文でのご協力をどうぞ宜しくお願い致します!